十勝

detail

白樺はなぜ白い?

白樺はなぜ白い? 夏の暑さをふせぐため? 白樺はなぜ白いのでしょう?「夏の暑さをふせぐために太陽光の反射を大きくするため」「日当たりが良い寒冷地に生育しているので林をつくり光を反射しあう」など諸説ありますが、本当のとこ...
archives

十勝牧場白樺並木

北海道河東郡音更町十勝牧場白樺並木(とかちぼくじょう) 美しい白樺並木にスーッと吸い込まれます 660本の白樺並木が1.3キロ並ぶ道。圧巻の光景に言葉が出ません。 ここは十勝牧場。とかち帯広空港から車で約50分。...
archives

十勝ポロシリで焚き火

北海道帯広市拓成町スノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド(ぽろしり) 雪の焚き火、川の音、そして夕陽 「パチパチパチ」焚き火の音と「サー」っと流れる川の音。沈む夕陽。 さわやかな風に誘われて過ごす贅沢な時間。...
archives

然別の夕陽

北海道河東郡鹿追町北瓜幕然別の夕陽(しかりべつ) 扇ヶ原展望台で出会った鹿 然別湖に向かう高台に扇ヶ原展望台があります。 霧に包まれる日もありますが、晴れた日には、雄大な十勝平野や日高山脈、さらには太平洋まで一望...
archives

川流布の天然林

北海道十勝郡浦幌町川流布の天然林で「川の音」を聴く(かわるっぷ) 川と山を臨む秘境の天然林 雪で覆われた天然林の中の「川の音」、是非耳を澄まして聞いてみてください。氷の中を流れる小川からは「コポコポ、コポッ、コポコポ」...
archives

音更神社のエゾリス

北海道河東郡音更町音更神社のエゾリス(おとふけじんじゃ) エゾリスが暮らす名木美林指定の鎮守の森 「カリカリカリ」とエゾリスが木の実を食べる音が神社内に心地よく響きます。 ここは音更神社。音更の杜は別名「千畳敷公...
archives

ハルニレの木

北海道豊頃町幌岡ハルニレの木 ドリカムゆかりの大樹は2本の木でひとつに Dreams come trueの「Eyes to me」にも登場してくるハルニレの木。両手を大きくひろげたくなる最高に気持ちの良い空間です。 ...
detail

霧氷(むひょう)

霧氷(むひょう) 大自然から気まぐれに 贈られる宝石の輝き 霧氷(むひょう)とは、氷点下の霧のとき、樹木や露出した地物につく白色または半透明の氷のこと。寒地や冬山でみられ,水蒸気の昇華によって生じる樹霜(じゅそう)、過...
archives

猿別川のダイヤモンドダストと霧氷

北海道更別村猿別川のダイヤモンドダストと霧氷(さるべつがわ) 大自然から気まぐれに 贈られる宝石の輝き 「十勝の人もなかなか見れないんだよ」とこの場所に連れていってくださった十勝観光連盟の梅村さんが教えてくれました。そ...
archives

十勝浦幌カラマツ林

北海道十勝郡浦幌町十勝浦幌カラマツ林(とかちうらほろ) カラマツに包まれる静寂の空間 「近くにきれいな林はありますか?」 浦幌町役場の吉田さんが連れっていってくれたのが「杉江山林」。 そこは美しく手入れ...
タイトルとURLをコピーしました