ダイヤモンドダスト

detail

ダイヤモンドダスト

光に反射し、キラキラと輝く厳冬期の芸術 ダイヤモンドダストは、極寒の時期にいくつもの気象条件が揃ったときだけに出現する、美しい自然現象です。北海道では厳冬期の1〜2月が比較的発生率の高い時期です。氷点下10℃以下の快晴の早朝に、無...
detail

白樺はなぜ白い?

白樺はなぜ白い? 夏の暑さをふせぐため? 白樺はなぜ白いのでしょう?「夏の暑さをふせぐために太陽光の反射を大きくするため」「日当たりが良い寒冷地に生育しているので林をつくり光を反射しあう」など諸説ありますが、本当のとこ...
detail

霧氷(むひょう)

霧氷(むひょう) 大自然から気まぐれに 贈られる宝石の輝き 霧氷(むひょう)とは、氷点下の霧のとき、樹木や露出した地物につく白色または半透明の氷のこと。寒地や冬山でみられ,水蒸気の昇華によって生じる樹霜(じゅそう)、過...
archives

猿別川のダイヤモンドダストと霧氷

北海道更別村猿別川のダイヤモンドダストと霧氷(さるべつがわ) 大自然から気まぐれに 贈られる宝石の輝き 「十勝の人もなかなか見れないんだよ」とこの場所に連れていってくださった十勝観光連盟の梅村さんが教えてくれました。そ...
タイトルとURLをコピーしました