forestdigital

detail

ドリカムの歌詞にも出てくる「ハルニレ」

「♪ハルニレをバックで 空に手を広げて」1991年4月25日 に発売されたDREAMS COME TRUEの9枚目のシングルに収録された「Eyes to me」は、その当時のオリコンウィークリーチャートで1位を獲得しました。タイトルでピ...
detail

ダイヤモンドダスト

光に反射し、キラキラと輝く厳冬期の芸術 ダイヤモンドダストは、極寒の時期にいくつもの気象条件が揃ったときだけに出現する、美しい自然現象です。北海道では厳冬期の1〜2月が比較的発生率の高い時期です。氷点下10℃以下の快晴の早朝に、無...
detail

白樺はなぜ白い?

白樺はなぜ白い? 夏の暑さをふせぐため? 白樺はなぜ白いのでしょう?「夏の暑さをふせぐために太陽光の反射を大きくするため」「日当たりが良い寒冷地に生育しているので林をつくり光を反射しあう」など諸説ありますが、本当のとこ...
detail

トドマツ(マツ科)

きれいな円錐形の樹冠で直立する常緑の高木で、エゾマツとともに北海道を代表する樹木です。高さは35m、直径は1mに達し、幹の表面は灰白色で滑らかですが、樹脂のう(松ヤニの入った袋)が見られます。香りには眠気覚ましや覚醒の効果があると...
detail

エゾヤマザクラ(バラ科)

北海道を代表する桜で、別名オオヤマザクラとも言い道内で最も広く植えられています。5月上旬から中旬にかけて、濃紅色の花を咲かせ、樹が大きく育つのが特徴で高さは15~20mになります。花に香りはありませんが、葉を発酵させたり温めたりす...
detail

アカエゾマツ(マツ科)

クロエゾマツとともにエゾマツの総称で「北海道の木」に指定されています。高さは40m程度、太さ1m以上に達する巨木で、樹皮が赤っぽいことからその名がつきました。建築材、楽器材(特にピアノの響板)等に利用されています。香りには眠気覚ま...
detail

ヤチヤナギ(ヤマモモ科)

別名はエゾヤマモモ。湿地に生えるヤマモモ科の低木で、株全体に清々しい独特の芳香を有しており、その芳香には催眠的効果があるとされています。北海道立林業試験場の研究によって、この芳香にはリラクゼーション及び安眠の効果があることがわかり...
archives

十勝牧場白樺並木

北海道河東郡音更町十勝牧場白樺並木(とかちぼくじょう) 美しい白樺並木にスーッと吸い込まれます 660本の白樺並木が1.3キロ並ぶ道。圧巻の光景に言葉が出ません。 ここは十勝牧場。とかち帯広空港から車で約50分。...
archives

十勝ポロシリで焚き火

北海道帯広市拓成町スノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド(ぽろしり) 雪の焚き火、川の音、そして夕陽 「パチパチパチ」焚き火の音と「サー」っと流れる川の音。沈む夕陽。 さわやかな風に誘われて過ごす贅沢な時間。...
archives

然別の夕陽

北海道河東郡鹿追町北瓜幕然別の夕陽(しかりべつ) 扇ヶ原展望台で出会った鹿 然別湖に向かう高台に扇ヶ原展望台があります。 霧に包まれる日もありますが、晴れた日には、雄大な十勝平野や日高山脈、さらには太平洋まで一望...
タイトルとURLをコピーしました