2020.11.20 uralaa park urahoro(うららパーク浦幌)が12月12日にオープンします。

浦幌町(北海道十勝郡、町長 水澤一廣)と浦幌町のIT企業フォレストデジタル株式会社(北海道十勝郡浦幌町、代表取締役社長 辻木 勇二)は、IT技術を活用し、あたかも実際に森林の中にいるような体験ができる「デジタル森林浴®️」を常時体感できる施設「uralaa park urahoro(うららパーク浦幌)」を、廃校になった旧常室小学校を活用した「TOKOMURO Lab(トコムロラボ、十勝郡浦幌町字常室51番地1)」内に12月12日(土)にオープンします。

uralaa park urahoro(うららパーク浦幌)は、正面、左右、後方と天井の5面の300インチマルチスクリーンに十勝の森林や屋久島の天然杉などを映し出し、映像に合わせた風や木々が揺れる音、複数の天然の木々の香りを再現しあたかも実際に自然にいるような演出を行う日本初(※1)の施設です。
HMD(ヘッドマウントディスプレイ)など装備をする必要がないため、わずらわしさもありません。

投影テーマは定期的に変わり、十勝浦幌にいながら、日本全国の自然を体感できます。うららパークで様々な地域の森や自然に包まれて町民や道民の方にリラックス頂き、いつかその場に行きたいという気持ちをうららパークで醸成します(※2)。森林浴効果による健康増進、森や自然へ行くきっかけ(デジタルからリアルへ)を提供します。

「wow! n happiness anywhere in the world(驚きと幸せを世界のどこでも)」をミッションとして、前メルペイ取締役の辻木勇二、前Yahoo!テレビ チーフエンジニアの原田健一らが中心となり2019年11月に浦幌町で起業したフォレストデジタル株式会社がuralaa park urahoroのサービスを提供します。

◆uralaa park urahoro(うららパーク浦幌)について

  • オープン時間、曜日、費用
    ・10:00-、11:00-、13:00-、14:00-、15:00-、16:00-に上映、毎週木金土、無料
  • (※12月27日から1月13日は年末年始につきクローズ)

  • 所用時間 約45分
  • 提供する映像 12月のテーマは「十勝の四季」。浦幌町太古の森、ハルニレの木、ジュエリーアイス等、十勝の自然の美しさや魅力を再発見いただけます。
  • ・コロナ禍での注意事項:換気、消毒、マスクの着用、体温測定を行うとともに、パーク内では密を避けた形での席配置、会話をお控え頂く形で運営をしています。
  • ・uralaa park urahoro(うららパーク浦幌)は浦幌町の施設です。uralaa park urahoroで体験できるデジタル森林浴空間のコンテンツやシステム、施設運営はフォレストデジタル株式会社が提供します。
    (施設運営は一般社団法人十勝うらほろ樂舎の協力を頂いております)

コメント

タイトルとURLをコピーしました