ダイヤモンドダスト

光に反射し、キラキラと輝く厳冬期の芸術

ダイヤモンドダストは、極寒の時期にいくつもの気象条件が揃ったときだけに出現する、美しい自然現象です。
北海道では厳冬期の1〜2月が比較的発生率の高い時期です。
氷点下10℃以下の快晴の早朝に、無風状態で湿度があると水蒸気が急速に冷却されるため、雲になる前に氷の粒になります。
空中で舞い散るこの無数の氷の粒が、日光に反射してキラキラと輝くことから命名されたようです。別名として「天使の囁き」などとも表現されています。

冬の北海道で早く目覚めたら、ダイヤモンドを探しに出かけてみてください。
静寂と自然の輝きは、都会では味わうことのできない大自然からのプレゼントです。

(北海道観光公式サイト GoodDay北海道より一部引用)

リンク

タイトルとURLをコピーしました